看護師1年目

男が看護師?
こんなことを今まで何度言われたことか・・・
そして何度耳鼻咽喉科の看護師として転職しようと思ったことか・・・
しかし僕は自分の進路を決めるときに自分で決めたことでした。
人のためになれる仕事、昔から僕は自分のために何かをするということが苦手でした。
人のために何かをして頑張ったほうが楽と感じていました。
しかし実際なってみると、先輩看護師に注意されることのほうが多いです。
小さなことではありますが、必ず先輩のチェックがはいります。
患者との相性もあるのですが、あまりにも僕たち看護師にたいして雑な感じで接してこられるとつい相手に対して冷たく接してしまいます。
頭の中ではわかっていますが、行動にでてしまうのです。
それに患者の病気がおもければ重いほど、僕のやる気が出てくるのですがそした部分も注意をうけます。
重症な患者ほど精神的な看護が大事になるということ。
ただやる気を見せるだけではだめだそうです。
なんだかこうしたことが続くと、ものすごくやる気がなくなってしまうのです。
難しい仕事だと思いますが、自分でなったからには自分でどうにか道を切り開いていかなければいけないですよね。
 
 

このブログ記事について

このページは、りゅうすけが2015年9月30日 12:59に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「草なぎ、捻挫する...」です。

次のブログ記事は「医師に出された薬」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。