2019年1月アーカイブ

なんてひどい

パーシーという、卑劣な奴がいたんです。
映画のなかでの事なのですがね。

先日、映画を見ました。
「グリーン・マイル」です。
知ってる人も多いでしょう。トム・ハンクスが出ています。
そこの、ろくでもないパーシーという看守がしでかしたこと。

本らいなら、見ずに濡らしたスポンジを頭の上に乗せて電気ショックをかけるのに、
パーシーはあえて水にぬらさないでやったのです。
彼は残酷な死にざまを見るのふぁ好きでした、頭おかしいのだ(役柄とはいえ)。

昔のアメリカの死刑場は、日をも見ている事が出来る作りになっていました。
目の前で死刑になるのを見る事が出来るのです。

そこでスポンジをぬらさないで処刑に挑んだパーシー。
人間が焼ける匂いで吐き出す人が多数出たり、そんなことしてはいけないのにしてしまったもんだから大変。
パーシー本人もビックリでした。

そして「これでもう他へ転勤願を出す」って言うのですが、おい、お前、
それで済むと思うな、って感じですよね。

ひどい奴がいるものだ(映画のなかとはいえ)。
あの映画、いろいろな良いこともいっています。
愛を利用して人を殺した、とかね。
ジョン・コーフィ、いい奴だったのに。。。

(約差hさんも亡くなっています。ご冥福をお祈りします)

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.12

リンク

このアーカイブについて

このページには、2019年1月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2018年12月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。