メーガンの主張

ヘンリー王子と王室る脱をしたメーガン。
彼女の主張を聞いていると、「あなた、なにも分かってないでしょ」って言いたくなる。
じっさい何も分かってないと思う。
王室ってどんなものか、知らないし、知ろうともしなかったよね?
王室がない、皇室もないきっすいのアメリカンですし、自分でハリウッドスターだと思っているし、
縁雲うまいと思っていて、正当に評価されないのは肌の色だ、っておかしな議論になってるし。
王室からも「誤解だ」をくりかえし、自分の正当性だけを主張してる、そうじゃないよね。
もっと控えめに、そして王室になじもうとしなさいよ!
自分は自分、は、いいけど、立場ってものがあるし、あなた、ほんとうに何も分かってない。
嫌いだなー、この人。
好きな人はもうあまりいないと思うけど。
好きな人って、、、彼女の周りの数人じゃない?
そえたね、ねっからの悪人だとも思ってない、首長が強くて、王室を分かってないだけ。
でも、彼女のまわりのひとも、彼女の権利を利用してるような人が多いし、
やっぱりそれってメーガンの1つのおかしな魅力でもあると思う。
嫌味で言ってますよ、魅力って、いろいろな意味がぁるからね。
ヘンリー王子が目を覚ましてくれるといいね。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.12

リンク

このブログ記事について

このページは、りゅうすけが2020年10月 1日 16:25に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「チョコの食べ方」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。